旅、読書、食べるの大好き主婦です。


by mjmnomama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アラスカの旅 #8Glacier Cruies (氷河クルーズ&・・・)

アラスカの旅、ブログにアップした以外にもまだたくさんのフォトや感想もありますが、一応これで旅の話は終わりにします。
最後は、Valdez から一日出かけた氷河クルーズ。この日もお天気に恵まれて、ラッキーでした。前日は、結構な降りだったんです。

c0115366_07171040.jpg
Valdez は、アラスカパイプラインの最終地でフェアーバンクスからドライブして来る途中でもパイプラインを眺める事が出来ました。
宿に着いても特別に予定があったわけではなく、雨の中街のレストランに出かけた後ホテルのすぐ傍にハーバーがあり、クルーザーや停泊している船を眺めて、グレイシャーのクルーザーって、どんなだろう?
停泊しているクルーザーのすぐ傍にオフィイスが、ちょっと覗いてみることに。(笑)予定のなかった次の日、氷河クルーズをする事に。(笑)


c0115366_07294969.jpg
コロンビア グレイシャーです。
山から川に流れ込む、グレイシャー・・・・これは、海に流れ込む・・・だから空からか、船から眺めるわけで、アラスカ観光の大きな見所。
私達が乗ったクルーザーもかなりの人数のお客でした。


c0115366_07394985.jpg
グレイシャーが見えて来ると、みんな大騒ぎでカメラを向けます。(笑)
新婚のカップルもいるようです。


c0115366_07431118.jpg
絶えず楽しそうに笑い声が聞こえてきたこの二人、ついカメラに収めてしまいました。許可なしなので・・ナイショ(汗)


c0115366_07483027.jpg
そして、サングラスの彼がこの船のキャプテンです。そして、数名のスタッフ、総じて、アラスカは観光大国、このクルーザーのスタッフはもちろん、
どこでも、観光客には、親切で、的確な対応が出来る人が多かった気がします。
このキャプテンも的確にワイルドライフを見つけ、そのつど、船を止めて、写真を撮らせてくれます。
オイルのパイプラインの説明も60年代に起きた地震の話もわかりやすく説明してくれました。

ただ、海面のプカプカ浮いてるブルーの氷がどうしてブルーなのか?・・・・聞き逃しました。(汗)


c0115366_08012351.jpg
氷の壁が時々大きな音とともに海面に崩れ落ちます・・・・
船酔いする私は、氷河クルーズをするつもりはありませんでしたが、お天気にも恵まれ、途中、ラッコ、白頭ワシ、熊、等見ることも出来たし。





グレイシャーに向かう最初に見たのは、


c0115366_08082800.jpg

c0115366_08103548.jpg
可愛いですねぇ!(笑)


そして、

c0115366_08140207.jpg
誰かがアラスカでは、ボールド イーグルが鳩が飛んでるぐらいいっぱい、飛んでるよ・・・・そんな事はない。(笑)
確かに数箇所で見れたけど・・・・まぁー良いんですけどね。


c0115366_08171697.jpg
クルーズでは、熊、アザラシ、Dall Sheep も観れたけど、これでお終いにします。
週末は、久しぶりに孫達の顔を観に出かけます。
アラスカの旅 (完)

[PR]
Commented by えぞももんが at 2017-09-17 06:00 x
アラスカの旅 
3000枚の写真と 格闘されたんですね
楽しかったです 
星野道夫さんの本を読んで以来
アラスカが とっても近く感じていたので
本を思い出しながら 風景を見ました
ありがとう
Commented by mjmnomama at 2017-09-19 21:19
えぞももんがさん、

アラスカへ行った事のある人、みんなが「良かったよ」と言うので、行ってみようと・・・・
思った以上に自然がいっぱいワイルドライフの世界でした。(笑)・・・・広いし!
ドライブしながら、渋滞がない!気持ちがいいんです。

コメント、ありがとう!
by mjmnomama | 2017-09-16 22:03 | 旅の話 | Comments(2)