旅、読書、食べるの大好き主婦です。


by mjmnomama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅の話( 178 )

アラスカの旅、ブログにアップした以外にもまだたくさんのフォトや感想もありますが、一応これで旅の話は終わりにします。
最後は、Valdez から一日出かけた氷河クルーズ。この日もお天気に恵まれて、ラッキーでした。前日は、結構な降りだったんです。

c0115366_07171040.jpg
Valdez は、アラスカパイプラインの最終地でフェアーバンクスからドライブして来る途中でもパイプラインを眺める事が出来ました。
宿に着いても特別に予定があったわけではなく、雨の中街のレストランに出かけた後ホテルのすぐ傍にハーバーがあり、クルーザーや停泊している船を眺めて、グレイシャーのクルーザーって、どんなだろう?
停泊しているクルーザーのすぐ傍にオフィイスが、ちょっと覗いてみることに。(笑)予定のなかった次の日、氷河クルーズをする事に。(笑)


c0115366_07294969.jpg
コロンビア グレイシャーです。
山から川に流れ込む、グレイシャー・・・・これは、海に流れ込む・・・だから空からか、船から眺めるわけで、アラスカ観光の大きな見所。
私達が乗ったクルーザーもかなりの人数のお客でした。


c0115366_07394985.jpg
グレイシャーが見えて来ると、みんな大騒ぎでカメラを向けます。(笑)
新婚のカップルもいるようです。


c0115366_07431118.jpg
絶えず楽しそうに笑い声が聞こえてきたこの二人、ついカメラに収めてしまいました。許可なしなので・・ナイショ(汗)


c0115366_07483027.jpg
そして、サングラスの彼がこの船のキャプテンです。そして、数名のスタッフ、総じて、アラスカは観光大国、このクルーザーのスタッフはもちろん、
どこでも、観光客には、親切で、的確な対応が出来る人が多かった気がします。
このキャプテンも的確にワイルドライフを見つけ、そのつど、船を止めて、写真を撮らせてくれます。
オイルのパイプラインの説明も60年代に起きた地震の話もわかりやすく説明してくれました。

ただ、海面のプカプカ浮いてるブルーの氷がどうしてブルーなのか?・・・・聞き逃しました。(汗)


c0115366_08012351.jpg
氷の壁が時々大きな音とともに海面に崩れ落ちます・・・・
船酔いする私は、氷河クルーズをするつもりはありませんでしたが、お天気にも恵まれ、途中、ラッコ、白頭ワシ、熊、等見ることも出来たし。



More
[PR]
by mjmnomama | 2017-09-16 22:03 | 旅の話 | Comments(2)
アラスカの旅から戻ってそろそろ2週間になろうとしています・・・・・もういっか、と思ってますけど・・・・フォトを選ぶだけでも時間がかかるし。(汗)

先週は、本当に暑かった!・・・記録的な暑さだったんです。アラスカでは、最高でも14~15度C、帰ってきて、40度Cまで温度が上がって、
気温差がきつい!土曜日にサンフランシスコに出かけたんですよ。・・・・・大抵のお家はエアコンがないから大変だったみたいです。
知人のサンフランシスコに住む友人は、数日ホテルに避難してたらしい。(汗)

さて、Denali からFairbanks に向かいます。フェアーバンクスは、アラスカで2番目に大きい街。University of Alaska があります。
オーロラも見れる所・・・・ちょっと希望があったんですけど・・・・見れませんでした。


c0115366_10181546.jpg
フェアバンクスに3泊4日、ホテルからそう遠くない所に Creamer's field (以前はデリーファームをやっていたんでしょうね)があります。
鳥が見えるというので出かけます。


c0115366_10235450.jpg
わぁー、カナダ鶴がいっぱい、かなり近くで見れるので、興奮して写真を撮ってると、「手が痒い!」・・・すっかり蚊を忘れてました(汗)


c0115366_10284654.jpg
ホテルから近い事もあって、朝晩、日に2度訪れてました。(笑)
一日目は、大学のキャンパスにあるミューディアムに出かけ、2日目はChena Hot Springに出かける事に・・・・温泉で有名


c0115366_10365079.jpg
このリゾートは、冬に温泉につかりながらオーロラを見るというので有名らしい・・・・リゾート敷地内に飛行場がありました。


c0115366_10402341.jpg
ここで、日本からの観光客に会いました。・・・・こんなところまで来るんですねぇ・・・・冬の間も温泉熱を利用してグリーンハウスで野菜を栽培して、リゾートの客にフレッシュな野菜を提供しているのだそうです。
アラスカは日照時間が長いので、野菜の成長がとてもいいんだそうです。


c0115366_10474109.jpg
一日、ドライブしてリゾートのんびりしてフェアバンクスまで戻って、又Creamer's field まで鳥達を観に。(笑)


c0115366_12365462.jpg
乳牛が草を食んでいたであろう広々とした草原でたくさんの鶴やカナディアンギース達、たっぷり楽しめました。
そして・・・・・


More
[PR]
by mjmnomama | 2017-09-13 22:42 | 旅の話 | Comments(2)
さて、いよいよディナリー ナショナルパーク・・・・・
ここは、自分の車で行けるのは、Savage River までの15マイルまで、それから先は、個人の車での乗り入れが出来ません。
朝、7時15分発11時間のバスツアーを予約してありました。パーク内で食べ物を買う事は出来ないので、宿でランチをオーダーしておきました。
朝5時から朝食を食べて、お弁当をピックアップして6時半には出かけなくてはなりません。


c0115366_16244441.jpg
明日は、早いので今夜は早く休まなければと思っている・・・・と、隣の部屋がかなりうるさい!(汗)
フロントに苦情の電話をする・・・・しばらくすると、静かになったので、その間に我が家のヨン様は就寝。
私は、11時ごろ,ベッドへ、でも隣の話声が聞こえてくるし、笑い声や音楽も流れてくる・・・
何時まで起きてるんだ?・・・12時、1時・・・1時半・・・2時、もうだめ、ヨン様も起きて、又、フロントに電話して
「部屋を変えてくれ!」1度、文句を言ってるので、「わかりました!」という事で・・・・


c0115366_16273126.jpg
着替えて、パッキングして、待ってると、隣で声がしてる・・・覗いてみると、大きなセキュリティーの人が二人、
「彼等は出て行きます!」・・・・いや、私達は部屋を替わりたいから・・・と、もう一度フロントと話して、ほかの棟の部屋に落ち着いたのは、
4時前です。我が家のヨン様、眠そうにしてるので、「私は、もう眠れそうもないから1時間でも寝たら・・・起こしてあげるから」
と言うわけで、私は一睡もしてない・・・そのまま、ホテルに隣接したレストランで朝ごはんを食べて、6時にランチをピックアップしてナショナルパークへ出かけました。


c0115366_16323236.jpg
グリズリーベアー
ともかく、前の晩、一睡もしてない私は、朝早くからバスツアーのバスを待つ人々の列に並び、どんなワイルドライフを観れるかな?・・・と。
後で、調べてこのDenali N.Pの広さに驚きです。


c0115366_01431192.jpg
このナショナル パーク、長さが150Kmかなり広い面積です。
その中でも私達がバスツアーで回った11時間、ほんの一部でした。

初めての事ばかりで、どんなバスツアーかわからないまま、バスに乗り込みます。(笑)バスのドライバーは、女性で彼女がガイドでもありました。
フォトの様な山道を巧みに進んでゆきます。ナショナルパークの歴史や野生の生態にも詳しく、Caribou(結構でかいトナカイ?)やムース、熊等、
見つけるとバスを路肩に止めて、私達に写真を撮らせてくれます。(喜)

トイレ休憩、ヴュースポット、適当に止まりながら、ジョークも交え、途中でハイクの人を降ろし、アドバイスも与え、途中乗ってくる人も拾い・・・
彼女、すごい!バスツアーをこんなに楽しめるとは思いませんでした。(笑)


c0115366_02041501.jpg
フォトは、マッキンリーが眺められるスポット・・・・・サインですが・・・・・
朝は少し晴れてたけど、曇り空、午後は雨も降って、山の全姿は、雲に隠れて見えませんでした。
しかし、熊、ムース、カリブー、Ptarmigan(ターミガン)ライチョウ、Dall Sheep 等、たくさん、見ることが出来ました。

なにせ、前の晩、一睡もしてない私、バスが止まって、カメラを向けてる時以外は、ずっとコックリしてました。(汗)
でも、ホテルで夜中まで騒いで眠れなかった体験・・・・初めての経験でした。
騒いだ人たち、夜中に追い出されるというのも、ちょっと驚きでした。

でも真剣、ホテルを変わろうかと考えていたんですから、ちゃんと対応してくれなかったら、ホテルにとっても迷惑な客ですよね。
バスツアーの夜は、ぐっすり眠れました。(笑)



[PR]
by mjmnomama | 2017-09-11 12:23 | 旅の話 | Comments(4)
SewardからTalkeetnaに移動する途中に立ち寄ったワイルドライフ レフュジーセンターでも、エルク、熊、ムース,の動物たちを見たんですが・・・
保護センターですから、病気や怪我をした動物達、または、そのほかの理由でそこに居るんでしょう・・・・でも彼等は、熊や特にムース達は、
もうまったくの野生ではないんですね。人間に守られ、餌を与えられてる動物達は、家畜の様でした。
前にも書きましたが、アラスカの旅、下調べもプランもすべて我が家のヨン様まかせだったので、このタルキートナの宿、アラスカの旅で一番高かった、
確かに、他のホテルに比べて、落ち着いた山小屋風の良い感じの宿でした。(笑)


c0115366_22534215.jpg
後で、わかったんですが、ここのロッジからのマッキンリーの眺めが最高なんですね。(笑)
ただ、雨が多かったのでほとんど、山の全容を見ることが出来なかった。
宿に着いた日も雨、チェックインを済ませて、街に出かけました。


c0115366_23503336.jpg
いかにも観光スポットの小さな山裾の街という感じ・・・・・雨の中ホテルに帰ってくると・・・・・


c0115366_23541154.jpg
ムースの親子がほんの数メートルの所に!
信じられませんでした。(笑)イエローストーンに行った時、グレイシャーNPでは、望遠鏡でやっとカメラに収める事が出来た野生のムースが、
手を伸ばせば届く距離に。
ロッジの入り口近くで草を食んでました。


c0115366_00011896.jpg
しばらく車を止めて眺めていました。こんなに近くでムースに出会えて、ワクワクでした。(笑)
そして、次の日の朝は、きれいに晴れて、マッキンリーの山が素晴らしい眺め!
高いなぁーと思った宿、ばっちり価値ありでした。(笑)
そして、丁度、この日が日食の日でした。オレゴンのある地点で完全日食が見れるという事で、J家族は、わざわざ出かけたんですが、
アトキートナでも20パーセントぐらい見れたんです。雨が多いので無理だろうと思っていたんですけど・・・・



c0115366_00093621.jpg
フォトは、お月様みたいですけど、これ、ホテルの他のゲストさんが日食を見るサングラスの様なものを貸してくれたので撮ってみました。
前日は、ムースを見れたし、マッキンリーも日食も晴れ間に見る事が出来て、特別なスポットになりました。(笑)

そしていよいよ、Denali ナショナル パークへ向かいます。
デナリーナショナルパークは、個人の車の乗り入れは、出来ないので、バスツアーを予約してありました。


c0115366_00185886.jpg

c0115366_00204462.jpg
フォトは、デナリーパークのツアーバスです。
デナリーパークのツアーそのために滞在した宿の話は、又この次に。

[PR]
by mjmnomama | 2017-09-07 23:18 | 旅の話 | Comments(0)
Homer もSeward もハーバータウンで、どちらの街も人気の観光スポットの様です。
Sewardでは、ホテルの前は海、遊歩道が続き、ハーバーまで歩いてゆけます。
そして、次の朝、マリーンミューディアムを訪れる事に。

c0115366_14501871.jpg
このAlaska Sealife Center
入場料、結構高いなぁー(汗)と思ったけど、かなり楽しめました。
大好きなパフィンをま近で見ることが出来ました。(笑)2004年にニューファウンドランドに出かけた時、パフィンが観たくて
船酔いして散々な目にあったのに・・・・・


c0115366_15050201.jpg
Horned Puffin .....Atlantic Puffin とは、違うらしいけど、アトランティク パフィンは、近くで見ることはなかったので・・・・
センターの係りの人の話では、パフィンは、オス,メス、際立った違いはないそうなんです。
ここで、パフィンが、ものすごいスピードで水の中をダイブして泳いでいる(?)のも観ました。ペンギンみたいに!!(笑)

c0115366_15245550.jpg
アザラシやラッコ、その他のマリーン、アニマル、魚達の生態もたくさん学ぶ事が出来るミューディアムでした。

それから、アラスカでは、たくさんのGlacier(氷河)を観ることが出来ます。
Sewardからそう遠くないExit Glacierに出かけました。


c0115366_15362906.jpg
海から空から見るグレイシャー、でもこのExitグレイシャーは、少し歩くと、すぐ近くまで行くことが出来ます。


c0115366_15413243.jpg

しばらく山道をハイクして行くと氷河の足元まで。

c0115366_15484847.jpg
そして、氷河から流れる滝もたくさん目にします。

c0115366_15535669.jpg
アラスカは、海あり山あり、自然と野生の動物がいっぱい。
ミューディアムの入場料は、結構高いけど、ナショナル、パークの入場は無料でした。



[PR]
by mjmnomama | 2017-09-06 22:14 | 旅の話 | Comments(4)
食いしん坊の私達、旅の大事なポイントは美味しいものを食べるという事がかなり大切。(汗)
アラスカと言えば、シーフードでしょう!最初のディナーは、49th State Brewing Co

c0115366_01591140.jpg
Brewing、パブです。フィシュ&フライとビール! 賑やかな店内は、かなり流行っています。
ここのハレボットのフライが最高に美味しかった!!
アラスカ初めてのレストランでワーカーの感じもとてもフレンドリーで気持ちが良かった。(ポイント高い!)

あーそれから、このレストランの名前、49th(49番目)州、それでアラスカはアメリカ49番目の州という事も知りました。
本当に知らない事ばかり・・・・(汗)
さて、アンカレッジから次の移動地は、Homer。


c0115366_02163393.jpg
フォトはホーマーの宿のハンギングフラワー・・・・ホテルのフロントで勧めてもらったシーフードレストラン。

HomerのSpitにある「Captain Pattie's」

c0115366_02200729.jpg
オイスター、かなり美味しかったそうです。我が家のヨン様、大好き。でも私はオイスター苦手。(汗)
ので、我が家の食卓では出ません。(笑)


c0115366_02230604.jpg
私はもちろん、ハレボット!・・・・・・ここもかなり美味しかった!!
ここHomerは、Harbor (ハーバー)タウンです。ここで食べたレストランもSpitにあります。
このSpitという言葉も、唾を吐くと言う意味でしか知らなくて、最初、ちょっと戸惑いました。(汗)
串、とか岬と言う意味があるんですね。(笑)

c0115366_13162559.jpg
ここHomerの岬には、たくさんの釣り船やが並んでます。
私達が食事したレストランでは、お客さんが、魚を持参して、調理してもらう事も出来るようでした。(笑)


c0115366_13220043.jpg
食事の後、岬の端っこまでぶらぶら歩くと、空に虹が出ています。雨が多いから。

まだまだ、アラスカの旅は、続きます。

[PR]
by mjmnomama | 2017-09-05 22:49 | 旅の話 | Comments(4)
アンカレッジ2日目、雨の中、アンカレッジ ミューディアムに出かけました。
c0115366_12264736.jpg
前にも書きましたが、旅の前に下調べも全然しないまま出かけたので、アンカレッジのミューディアムは、本当に参考になりました。
アラスカは、ロシアから買ったものなんですね。ロシア語、英語、それから原住民(エスキモー?)原住民といってもいろんな種族いるんですねぇ!
原住民達の生活、習慣、そしてアラスカの歴史、へぇー、へぇー、すごいなぁーと、館内を観て回りました。(汗)

アラスカの知識で、嫌だなぁーと思っていたのは、「蚊」が多い。雨が多い・・・・
8月の中旬から8月末までにしたのは、旅のビデオでこの時期が蚊がいなくて、雨が降る前と知ったので(笑)
でも、雨の日が多かったですねぇ!・・・・・一日中は降らなくても、夜降ったり、朝、降ったり、夕方降ったり、
レインコートはいつも必要でした。まったく降らずに青空だったのは、2日だけでした。

そんなわけで、最初にわぁー、きれいと思ったのは、どこでも花壇の花がきれい!、街中でもホテルでもお店でもきれいなハンギングフラワーが目につきます。上のフォトは、アンカレッジのミューディアム前の花壇に咲いてたダリア。

c0115366_13062930.jpg
アラスカと言えば、サーモンとハレボット(おひょう)私、ハレボットが大好き!(笑)
アンカレッジの街なかの川でサーモンを釣ってる人達がたくさん・・・・・流れる小川にも跳ねてるサーモンを目にするぐらい。
ミューディアムの後、コースタルトレイを歩く事に。
散歩している人、サイクリングの人もたくさん。ぶらぶら歩きながら公園前の小川に掛かる橋の上で、通ってて来たトンネルからこっちに向かってくる熊に出会ってしまいました。
アラスカ、2日目、それもアンカレッジの街中で。
逃げようか?でも見てみたい。かなり大きいブラックベアーでした。
橋の手前の川のそばの茂みに入ってゆきました。

c0115366_12343719.jpg
川の中に入ってサーモンをとろうとしたのか?しばらく水遊びをして、又茂みを歩いて行きました。

もう大興奮です。信じられない。山や森の中じゃない、街中ですよ!だって、数分前に通ってきたトンネルの中で遭遇する事だってあったわけだし・・・
熊と遭遇、私にとっては、大事件(汗)。

でも、その事で、はっきりわかったのは、アラスカでは、それは、普通の事、野生の動物達の世界なんですね。
私達が彼等の生活圏にお邪魔しているわけで、「熊が出た!」と報告する必要もないみたい。
熊を見かけました。とその辺の人に話しても、誰も驚かない。

こんな風にアラスカの旅は始まりました。(笑)


[PR]
by mjmnomama | 2017-09-03 22:22 | 旅の話 | Comments(4)

アラスカの旅 #1

9月になりましたね。アラスカから無事戻って参りました。(笑)

c0115366_22302300.jpg
いつも旅に出るとすごい数の写真を撮るので、今回は、毎日、ブレタものや同じ様な写真は削除していったのですが、
それでも撮ったフォトは3000枚以上ありました。(汗)

という訳で、まだまだフォトの整理も終わっていない状態です。(汗)
昨年のカナダ旅行とまったく同じ16泊17日の旅だったのでいろいろ比較していますが・・・・・
違いは、飛行機で行って、レンタカーで、そして今回は、ほとんどの場所で2泊以上。

アラスカは、ヨン様も私も行った事がなく、一度くらい行ってみたいねと話てた所ですが、・・・・
なんだろう?昨年暮れに私たちにとっては4人目の孫が産まれた事もあり、ばーちゃんは孫の子守りで忙しく、
それが落ち着いた頃には、又7月に、娘たち二家族と一週間のキャンピング、

とうとう、アラスカの旅の計画は全部ヨン様まかせ、下準備も勉強もしてゆかなかった私です。(大汗)
アラスカがアメリカで一番大きな州だと言う事も今回初めて知りました。
そんな大きなアラスカのほんの一部をドライブして来たんです。

フォトは、北アメリカで最高峰のMcKinley(マッキンリー)Denali(1980年に改名)
Denaliと原住民たちがよんでいた山なんですね。そんな事も知りませんでした。

c0115366_23105555.jpg
フォトは、行きの飛行機の中から見えたので撮った雪山・・・・・たぶん、マッキンリーかな?

c0115366_23150763.jpg
いつもの様に旅の初日はおにぎり弁当。
しばらく旅の話が続きます。


[PR]
by mjmnomama | 2017-09-01 23:50 | 旅の話 | Comments(4)
c0115366_354536.jpg

カリフォルニア・コースト,San Simeonにあるハースト・キャッスルにはもう何度か足を運んでいるけど、
毎回、あー、こんな彫刻もあったんだ!、調度品も室内の絵画も・・・・新しい発見があります。(笑)
新聞王のウイリアム・ハーストが、特にヨーロッパから集めた絵画や調度、大理石の彫刻、
どれだけの数、どれだけの私財を使ったんだろうと、ため息がでます。
ゲストハウスの前に備え付けられたこの彫刻が好きです。
c0115366_844967.jpg

どの彫刻もヨーロッパの美術館に飾られていたであろう作品ばかりです。

c0115366_8101470.jpg


今回、すごいなぁーと思ったひとつに、各部屋の天井、すべて違うパターン!


c0115366_8142828.jpg


c0115366_8155259.jpg



More
[PR]
by mjmnomama | 2017-02-13 03:04 | 旅の話 | Comments(0)
いつもドライブ旅行の初日は、お弁当でピクニック・・・・・なのですが・・・・・生憎の雨。
c0115366_056051.jpg

毎回、孔雀の居るサン・マルコスのワイナリーでピクニックさせてもらっているのですが、
今回は、新しいワイナリーを開拓しようと、初めて寄ったワイナリー。
c0115366_0593849.jpg


お天気が悪いし、ウィークデーでもあるからか、ワインティスティングに来ている人は私達だけ。
ワイナリーの外には、テーブルやイスがたくさんあるけど、全部濡れている。

c0115366_134189.jpg

私たちだけという暇な事情でもあったからか、話し好きでとってもフレンドリーな中年の女性がワインティスティングの相手をしてくれて、楽しい時間を過ごしました。(笑)

ワインも思ったよりリーズナブルな価格で数本お買い上げ、
ピクニックしたいんだけど・・・と話したら、ルームのイスやテーブルを遠慮なく使って良いよ!(笑)
で、上のフォトの様に、お弁当を使わせてらいました。

丘の上のワイナリー、お天気が良かったら眺めもいい所です。
次も再訪したいねと話しながらワイナリーを後にしました。
c0115366_1202573.jpg

[PR]
by mjmnomama | 2017-02-10 14:42 | 旅の話 | Comments(0)